ブログ

カテゴリ: ブログ

インフルエンザ予防に歯磨きが重要?

インフルエンザ予防に歯磨きが重要?

今年も残すところ2週間となりました。
オミクロン株の流行が気になるところではありますが、冬と言えばインフルエンザの流行も気になるところです。

去年はコロナ感染予防として、うがいや手洗いを十分になされた結果、インフルエンザが流行らなかったようです。
それだけ、うがいや手洗いが予防に効果的であることが周知されました。

実はインフルエンザ予防に更なる効果をもたらすのが、口腔内の清掃です。

お口の中に潜んでいる歯周病菌がインフルエンザ感染を活性化させることで、感染しやすくなります。

ご存知の通りインフルエンザはウイルスです。ウイルスが体の細胞の中に入ると感染します。
そのウイルスを活発化させるのが、歯周病菌です。

歯周病菌は、歯と歯の間や、歯茎の間に溜まる歯垢の中で生き続けます。

その歯垢を落とすには、毎食後の歯ブラシ、そして歯科医院でのクリーニングが重要です。

先ずは手洗いとうがいを徹底し、さらには歯科医院での定期クリーニングを受診して下さい。

お口に関することならお気軽にお問合せ下さい。

Tel:078-925-3333

 カテゴリ:ブログ

メタルフリーご存知ですか?

今回は、お口の中の詰め物や被せものについてご説明させていただきます。

虫歯の大きさやや深さによっては、詰め物や被せ物での修復が中心になります。
金属の詰め物や被せ物を使用する場合のデメリットは、見た目の問題だけではなく、金属アレルギーを引き起こしたり、適合性が悪く2次虫歯になる可能性が高くなるということです。

金属の詰め物や被せ物は、時間の経過と共に口腔内で錆びて金属イオンが溶け出してしまいます。

歯科で使用されている金属によるアレルギーは、お口の中では何らの症状が出なくても、身体の他の部分でアレルギーが出ている場合もあります。

メタルフリーと言う治療法をご存知ですか?
金属の詰め物や被せ物をセラミックへやりかえを希望される方が多く来院されます。
保険適用外の為、かかる費用は決して安くないかもしれませんが、長い目でみると、様々なメリットは多くあります。

少しでもご興味がございましたら、お気軽にお声がけください。

 カテゴリ:ブログ

付き添い1名限定及びマスク常時着用のお願い

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、当院では付き添いの方は1名に限定させていただいております。

ご不便をお掛けしますが、2名以上の付き添いの場合は、院外にてお待ちくださいますようお願い致します。

また、当院に来院される全ての方に、マスクの常時着用をお願いしております。

待合室でお待ちの間も、マスク着用をお願い致します。

何卒ご理解、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

 カテゴリ:ブログ

身近になった矯正治療

当院では矯正治療費を比較的安く設定しております。

子供の治療(第1段階治療)6~12歳まで
¥385,000
ボーナス払いですと、夏に¥99,000×2回、冬に¥93,500×2回

大人の治療(第2段階治療)12歳以降
¥770,000
ボーナス支払いですと、夏に¥198,000×2、冬に¥187,000×2

ボーナス分割支払いですと、1回の支払額が低くなるように設定にしております。
歯並びが気になる方は、お気軽にご相談下さい。

詳しくは、下記↓よりご確認下さい。
https://www.nishiakashi-shika.jp/ortho-price.html

歯並びが悪いと次のような問題が発生します。

①見た目が悪い
矯正を希望される患者様の大半が見た目を気にされ、改善されたいとの希望を必ずと言っていいほど聞きます。
見た目の改善は、矯正治療の主たる目的のひとつです。

②虫歯や歯周病にかかりやすい
歯並びが悪いと歯磨きがし難く、磨き残しが発生します。溜まった歯垢は虫歯や歯周病の原因となります。

③発音障害をおこす
歯と歯の間に隙間があくと、そこから空気が漏れ発音し難くなり、相手も聞き取り難くなります。

④全身に影響が発生する。
歯並びが悪いと、本来かからない力が顎の関節にかかり、顎関節症や顔のゆがみを引き起こすこともあります。その結果、肩こりや頭痛などの症状がでることもあります。

⑤消化器への負担が大きい
食べ物を十分に咀嚼できない状態で飲み込むことで、消化器への負担が大きくなります。

矯正治療をお考えの方、相談だけでも結構です。

お気軽にお問合せ下さい。

Tel:078-925-3333

 カテゴリ:ブログ

歯ブラシ交換時期の目安

皆さんが毎日お使いの歯ブラシ、どれくらいで交換された方が良いかご存知でしょうか?
この歯ブラシ、いつから使い始めたのか覚えておられない方も多いのではないでしょうか?

歯ブラシのお勧めの交換時期は、概ね1ヶ月です。

歯ブラシを毛がついているヘッドの裏側から見て、毛がヘッドよりはみ出しているようであれば交換の時期です。

毛先が開いた歯ブラシでは、歯面にきちんと当たらない為、時間をかけて磨いても磨けません。
毛先の開いた歯ブラシと毛先が開いていない歯ブラシの汚れを落とす力はなんと4割も違います。

また、1週間や2週間で毛先が開いてしまう方は、ブラッシング圧が強い可能性があります。

一度、歯医者さんに相談なさっても良いかもしれません。

 カテゴリ:ブログ

ページトップへ