マタニティ歯科

マタニティ歯科Maternity dentistry

妊娠中は歯が悪くなりやすい時期

妊娠中は歯が悪くなりやすい時期

マタニティ歯科とは、妊婦対象の歯科のことです。

妊娠すると通常と口の中の状態が変わります。つわりがひどくて歯ブラシを口の中に入れにくくなり、きちんと磨けない、少しずつしか食べられないので、口内が食べかすで汚れている時間が長くなるといった、体調による理由もあります。

それに加えて妊娠中は、唾液が酸性に傾くので歯のダメージが大きくなり、ホルモンバランスも乱れて歯肉炎が起こりやすい、妊娠時特有の状態にもなるのです。栄養として歯のカルシウムも赤ちゃんに与えてしまうため、歯にとっては悪条件が重なる時期となります。

しかし出産するまで放っておくのは良いこととはいえません。歯肉炎が起こると子宮を収縮させる成分が体内に増えるため、早産のリスクが上がるのです。それに出産後は忙しくなり、かえって歯科医院に通えないことも多いのです。

母親だけでなくお腹の赤ちゃんの歯も守る

母親だけでなくお腹の赤ちゃんの歯も守る

妊娠中に歯科医院に行きたくても、麻酔などの薬を使うことが気になって二の足を踏む人もいるでしょう。そのような心配に対応するのがマタニティ歯科です。

マタニティ歯科では、出産のときに使用する麻酔を使ったり、レントゲン撮影時には専用エプロンでX線からお腹を保護したりといった対処をします。

薬を飲まなければならなくなったときには、産科に連絡して安全な薬剤を決定するなど、母体と赤ちゃんを大切にした診療内容を徹底しているのです。

また口腔内を清潔にする習慣を母親にしっかり伝えることで、生まれた赤ちゃんが虫歯になるリスクを減らすという予防歯科の効果もあります。赤ちゃんの虫歯は、母親を始めとした周りの大人から虫歯菌が移ってできるものです。それを防ぐための正確な歯磨きのブラッシング方法や食習慣を母親が身につけていれば、虫歯になりにくい上に、お子様もそれを覚えらるのです。

歯が痛くなってから歯科に行くのでは、悪い習慣がついていて直しづらくなっている可能性があります。妊娠中から、母親とお腹の赤ちゃんの歯を守るために、マタニティ歯科を積極的に利用しましょう。

ページトップへ